시작이 반이다.

思い立ったが吉日。

News

「ジョンヒョン、あなたとわたしと彼」

「評論家さんは大衆性が何だとお考えですか?」たった一度、彼に会う機会がありました。いつもアイドルに対する話をしていましたが、音楽評論家という職業の特性上、直接歌手に会う場合は極めて珍しいので、僕にとっても特別な記憶でした。2015年秋、当時彼…

「ジョンヒョンへ贈る感謝」

一時、日刊紙の社会部で一生働きたいという言うことが幼い将来の希望を話していた。初めて入社した会社は、政治的で保守層が厚い地域に位置していたが、ある日、ある女性の先輩が言った。「局長に聞いたよ。あなた、社会生活を送る方法を知らないの?だから…

「ジョンヒョンが残していった光を記憶して」

慰労の歌をよく歌っていた歌手 ジョンヒョンは、歌以外の世界に向き合うときにもひたむきだった。セウォル号惨事犠牲者の中に自身と誕生日(4月8日)が同じだった故キム・ゴヌ、パク・チユン学生の名前を呼び、ファンたちに安山合同焚香所の電光掲示板にメッ…

「わたしが知るSHINee、そしてジョンヒョンは…」

夜勤中、SHINee ジョンヒョンの自殺の知らせを聞いた。アイドルに関心のない歳になったが、ジョンヒョンの自殺の知らせを前にしてはそうもいかなかった。 わたしがお世話していたチェ・ユンギョム監督の末息子がSHINeeのラッパー ミノだ。監督はいつも起承転…

MYDAILY 創刊INTERVIEW 3.『テミン「EXO カイ、防弾少年団 ジミンと親友…好きな食べ物は?平壌冷麺」』- TAEMIN

テミン。グループ SHINeeの末っ子として、15歳という幼い年齢でデビューして、今では立派なソロ歌手に成長したK-POPスター25歳、イ・テミン。 小学生のとき、ダンスの魅力にハマって歌手の夢を育て、SMエンターテイメントオーディションでは肉が好きだと話し…

MYDAILY 創刊INTERVIEW 2.『テミン「The Unit、僕にとっても刺激剤…友人 キム・ティモテオに会って涙が出た」』- TAEMIN

テミン。グループ SHINeeの末っ子として、15歳という幼い年齢でデビューして、今では立派なソロ歌手に成長したK-POPスター 25歳、イ・テミン。 小学生のとき、ダンスの魅力にハマって歌手の夢を育て、SMエンターテイメントオーディションでは肉が好きだと話…

MYDAILY 創刊INTERVIEW 1.『テミン「イ・スマン先生に認められてソロデビュー、夢のようだった」』- TAEMIN

テミン。グループ SHINeeの末っ子として、15歳という幼い年齢でデビューして、今では立派なソロ歌手に成長したK-POPスター 25歳、イ・テミン。 小学生のときにダンスの魅力にハマって歌手の夢を育て、SMエンターテイメントオーディションでは肉が好きだと話…

ALLURE 7月号 - ONEW × MINHO

「楽園の向こう」 SHINeeの2人のメンバー オニュ、そしてミノ。ミントカラーの海と珊瑚に取り囲まれたモルディブで、男たちだけの特別な旅がスタートした。2人は、9年間を共に過ごした。 彼らの季節があるなら、本格的に夏を知らせる7月。時間があるなら、午…

THE CELEBRITY SUMMER(2017)- SHINee

「BEHIND THE CURTAIN」 5回目の日本ツアーに乗り出したSHINee。彼らの完璧なステージの裏では、どんなことが起きているのだろうか?4月30日、最終公演だった日。5人のメンバーを影のように追いかけた。 PM 12:00 東京国立代々木競技場第1体育館の前に大型バ…

ESQUIRE 5月号 - JONGHYUN

「青い夜、ジョンヒョンでした」キム・ジョンヒョンをどうすれば良いだろうか。 シン・キジュ(以下 シン):僕にはこれからもずっと<青い夜>をやると言っていましたが、一体どういうことでしょうか? キム・ジョンヒョン(以下 キム):罪悪感に襲われて…

「SHINee、日本で韓流の再点火、先頭に立つ」

BOA、東方神起、BIGBANGは、これまで日本市場で独歩的なステータスを作り上げて守ってきた韓国歌手たちだ。韓流を呼び起こし、ジャンルとしてのK-POPを作り上げ、新しい市場を開拓してきた。彼らに続いて、次世代日本市場K-POPを主導していくことへの期待を…

marie claire 2月号 - MINHO

STAR「ミノの本音」 休むことなく走って来たミノが、ある日突然バリへ旅行に発った。慣れない旅行地で向き合った俳優 ミノの本音。 「キラキラ輝く」という修飾語が彼よりふさわしい人が他にいるだろうか。ずば抜けたルックスで中学生のときに早くからキャス…

STARCAST『キボミの花よりヨーロッパ、最終編「パリ」』

こんにちは。「キボミの花よりヨーロッパ、最終編」で戻って来ました。 こうやって終わってしまうのは寂しいと思って、最後にプレゼントをいっぱい持って来ましたよ〜。楽しみにしてくださっても良いです!では、始めましょうか? そんなふうにローマで2日間…

STARCAST『キボミの花よりヨーロッパ、第2編「ローマ」』

こんにちは。皆さん!「キボミの花よりヨーロッパ、第2編」を持って来ました〜。この前の話でローマのいろいろな場所をお見せしましたよね〜。 今日はどこでしょうか? まさにスペイン広場です!「ローマの休日」でも登場した場所なので、ものすごく有名です…

STARCAST『キボミの花よりヨーロッパ、第1編「パリ」』

こんにちは。SHINee キーです!昨年は皆さんへ「ひとり酒男女」というドラマで、ご挨拶しましたね! 初めてのドラマだった「ひとり酒男女」を終えてとても寂しくもありますが、コンサート、アルバム準備と一緒にドラマを撮ることになって忙しく走り回ったの…

W KOREA MOBILE MAGAZINE「K-POP WORLD SHINee KEY」

「K-POP WORLD SHINee KEY」 2016年現在、彼らの肖像が韓国文化のワンシーンを構成する。W MAGAZINE .comとW KOREAが共に出会ったソウルの人々。 SHINee KEY 「ドラマは、本当に多くの人を相手にするコンテンツですし、それほど波及力も大きいということを初…

Harper's BAZAAR 12月号 - JONGHYUN

CELEBS「SERIOUS MAN, JONGHYUN」 アイドル、シンガーソングライター、プロデューサー、ラジオDJ、そして小説集<山荷葉:流れていった、放してやったものたち>を発刊した「書く男」ジョンヒョン。彼だけの世界にほんの少し入って見たあと、書いてみたショ…

STARCAST『SHINeeの「1 of 1」、SHINee WORLDとデート、成功!』

音楽活動だけでなく、ドラマ、映画、芸能、ラジオなど多様な分野で縦横無尽の活躍を繰り広げているSHINeeが、1年5ヶ月ぶりに正規5集「1 of 1」で帰って来ました! 毎回新しいコンセプトで目と耳すべてを楽しませるSHINeeが今回は「アナログ」コンセプトでカ…

@star1 INTERVIEW 11月号 - MINHO

ミノ「9年目、今も変わらずSHINeeには新人の覇気がある。」 イケメンであればその顔にふさわしい行いをする、という言葉の肯定的解釈を十分にやり遂げているSHINee ミノ。光り輝くビジュアルほどに眩しい活躍でその「価値」を十分に成し遂げている最近だ。た…

So Figaro 10月号 - TAEMIN

Q:普段のファッション哲学は? A:僕は服を着るとき、自分の身体特徴に合うように着て、自分の個性に合うように着ることが重要だと考えます。トレンドを追うとかルールに従おうとしないことが良いと思います。 Q:最近、すっかり夢中になっていることはあり…

GQ KOREA 10月号 - TAEMIN

たった今、テーブルを触りながら手を動かしてましたが、振り付けのようでした。 僕がそんなことしてましたか?職業病のようですね。(笑) SHINeeがデビューしてから8年ですね?職業病も8年目ですか? 今回のコンサートのときに感じたことが、昔はステージで…

GQ KOREA 10月号 - MINHO

2010年にもわたしがミノをインタビューしましたね。そのあいだに僕はすごく変わりました。 僕もすごく変わりましたよ。デビューして2年くらい過ぎたころですが、そのときに比べると、今は本当にたくさんのことを経験して、精神的にもすごく成熟したと思いま…

GQ KOREA 10月号 - KEY

最近でいちばん興奮したことがあるなら、何ですか? カムバックとドラマ<ホンスル男女>撮影です。カムバックについては、ものすごく気が立っているのもありました。ドラマ演技は初めてやってみることなので、他の仕事をするときと気分がちょっと違います。…

GQ KOREA 10月号 - JONGHYUN

2015年12月号「GQ AWARDS」で、ジョンヒョンを「今年の歌手」に選びました。 見ました。ありがとうございます。初めてのソロ作だったので不安でしたが、良いフィードバックが多くて自分自身に対する確信を持つようになりました。自尊感情というものは、個人…

GQ KOREA 10月号 - ONEW

6年前<GQ>で「21世紀 少年たち」というインタビュー画報を撮影して会いましたね。「オニュ」という名前について話しながら、インタビューを始めました。その名前にふさわしい時間を過ごしたようですね? 昔でも、今でも、僕によく似合う名前だと思います。…

Littor 創刊号 (2016.8~9) - JONGHYUN

「読むあなた」 自ずと静かに光り輝く、ジョンヒョン 『今も昔も僕にとって文章の形となった芸術は、計り知れない憧れの対象やファンタジーとして残っています。だから、文章も音楽のような存在になったらと思います。』 本を読むことは、最も内密な経験や知…

THE CELEBRITY 7月号 - JONGHYUN

ポップアーティストジョンヒョンのミュージックソネット 幼いときから作曲家が夢だったと時折話していた少年は、成長してソウルと韓国を代表するアーティストとしてにょっきりと立った。いつの間にかデビュー10年目。「SHINee」のメンバー ジョンヒョンであ…

WKOREA 6月号 - TAEMIN

地球上でポップ文化をいちばんよく理解するデザイナー、ニコラ・フォルミケッティ。彼が現在の韓国KPOPを代表するアーティスト、テミンに出会った。手懐けられないふたつのエネルギーは、互いに入り乱れて興味深い衝突を起こさせた。 ・テミン 最近、ソロア…

「SHINee、ステージの外で完成されるアイドル」

アイドル8年無事故記録。5月25日にデビュー8周年を迎えたSHINeeの8年を、このように記念することはできないだろうか。「お姉さんはとてもきれい」を歌った輝く少年たちが5月に日本京セラドーム公演をするときまで、ステージ上で一度の不慮の事故もなかったと…

「テミン、わたしたちが知らなかった妖精進化論」

SHINeeファンダムで、固有名詞のように通用するテミンの別名があるなら、それは言うまでもなく「妖精」だろう。これはデビュー当初、痩せた体と小さな顔、丸い目元を持ったテミンが、まるで童話の中の妖精のように繊細で愛くるしく神秘的な魅力を持ったこと…