読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

시작이 반이다.

思い立ったが吉日。

SINGLES 3月号 - TAEMIN

News SINGLES

 

 

 「テミン、それ以上」

 

一昨年に発売したソロアルバムと比較すると、アルバム自体の重みが違って見える。

初ソロアルバム<ACE>がミニアルバムだったなら、今回のアルバム<Press It>は全10曲が収録された正規アルバムです。今回のアルバムでは、たくさんの部分に直接参加をして、曲を集める作業も精魂をたくさん込めました。違いを言えば、今回のアルバムは、もう少し僕のカラーが多く反映された成果物だと言えます。

タイトル曲はどんな曲か?

今回のタイトル曲「Press Your Number」は、ブルーノ マーズとプロデューサーチーム ステレオタイプスと一緒に作業したアーバンポップダンス曲で、パフォーマンスに神経をたくさん使いました。ダンサーたちと息を合わせるためにものすごく練習をしたので、期待してくださると嬉しいです。練習過程で振り付けも数え切れないほど修正して、パフォーマンスに集中するためにファッションやそれ以外の要素などは、シンプルにまとめました。

ソロ テミンとSHINeeのスタイルはどのように区別したいか?

SHINeeの音楽は、洗練されてユニークな面があるので、他のグループとは差別化されたトーンを持っていると思います。ソロアルバムを通じては、パフォーマンスと歌が完璧にきちんとマッチする、もう少し僕をオープンにして表現する音楽をやりたいです。

今回のアルバムで、いちばん自信を持って推薦する曲があるなら?

「Soldier」という曲があるんですが、作詞に参加した曲なので愛着が大きいです。歌詞も考えながら聞いてみてくださると嬉しいです。

もう次のアルバムの話をするには早いが、その次のソロCDを試みるために少し残しておいた部分もあるか?

毎アルバムのたびに、すべてのものを注ぎ込もうという思いで作業するので、残しておいた部分はないです。しかし、次のソロアルバムで試みてみたいジャンルがあることはあります。次回では、オールドスクールと感性的なR&Bをやってみたいです。

2015年はひと際活発に活動した年で、日本ツアーが続く中で個人アルバムまで完成した。疲れて大変だった瞬間もあったと思うが、そんなときに自らをコントロールする方法はあるか?

正直に言えば、あまりコントロールする必要がないくらいに楽しいです。アルバム準備や公演は、大変だと思ったことがないです。本当に100%楽しみながらやっていました。

SHINeeのアルバムは、音楽評論家たちが最高と評価するアイドルCDに選ぶことがあった。大衆と批評家たちの支持を同時に受けられる秘訣は何だろうか?

やはり少し特別なチームカラーによるものだと思います。デビューしたときから僕たちはコンテンポラリーグループを追究して、同時代でいちばん洗練された音楽、ファッション、パフォーマンスを探そうとしました。会社でもビジュアル&アートディレクティングチームとA&Rチームなどで、SHINeeだけのカラーを作り上げようとする努力が強かったです。そんなことに対する苦悩を評論家の方たちも、ファンたちも認めてくださったようで、良かったと思いました。ただ、アピール力や感情伝達の部分では、まだ不十分な部分もあると思います。これからは、人々の心を魅了できるメッセージが込められた音楽もやってみたいです。

音楽評論家たちがSHINeeの音楽をアイドルの中で最高だと言うなら、ファッションマガジンのエディターたちはSHINeeのファッションを「最高のアイドルスタイル」として評価する。大衆的な観点で、SHINeeのスタイルは度を越していると評価する人がたまにいるが、エディターたちはSHINeeが先駆けになっていると考える。いままでのSHINeeスタイルの中で、個人的にいちばん好きだったときはいつか?

活動のたびに雰囲気に合うようにルックを完成させる作業が楽しくて面白いです。その中でも、「Dream Girl」ジャケット撮影のときがいちばん記憶に残っています。個人的には20代を迎えた瞬間でもあったので、スーツスタイルでドレスアップしながらも洗練されたSHINeeだけの雰囲気をよく生かしたと思います。あ、「Everybody」ステージのぴったりとマッチする制服スタイルも歌とよく似合ってて好きでした。

最近アーティスト間のコラボレーションが目立つ。一度くらい、一緒に作業したいアーティストがいるなら?

最近では、予想以上にコラボレーションが多いように思います。そこで、僕は友だちと作業したいです。カイ、ムンギュのような練習生のときから親しかった友だちと一緒なら、エネルギー溢れるものが完成できると思います。

人々が考えるテミンのイメージが実際の姿とは違うだろうか?放送で見るテミンは可愛い末っ子のような感じだが、実際に撮影現場で会うテミンはいつも男らしい姿だ。

放送で見える姿が全部誤解だということは言えませんが、人々が考えるイメージのために気を付けるようになる部分もあります。性格が内省的なようだと考えていらっしゃる方たちが多いですが、外見に感じられるイメージのためのようです。実際の性格は活発で気さくな方で、ごはんもたくさん食べるし、運動もたくさんします(笑)。

歌って踊ること以外に、テミンがいちばん手に入れたい能力があるなら何か?

さまざまな外国語を学びたいです。しかし、実は僕は韓国語も下手な気がします(笑)。海外活動をたくさんしたからか、言語の壁を壊すことができたら、もう少したくさんの方たちとコミュニケーションできると思います。

思春期時代のテミンはどんな姿だったのか気になる。もし歌手になっていなかったら、今ごろ何をしていただろうか?

練習生になった以降からは、さまざまなミュージシャンたちの動画を見ながら夢に向かって進むことに集中しました。同年代の友だちのように、芸能人を好きだったこともなくて、理想のタイプのようなものも特になかったです。ステージに立とうという目標にだけ熱中しました。しかし、もう少し幼かったときには、パイロットになりたかったです。歌手になっていなかったら、たぶんその夢を叶えるために努力していたと思います。

ファンたちが<SINGLES>インスタグラムにさまざまな質問を送ってくれた。その中で、特に「テミンは嘘をつけない」という話が多かった。本当か?いままでの中で、自分で思い出してもいちばん変てこだった嘘があるなら?

親しかった友だちが軍隊から休暇で帰って来て、お酒を一杯飲もうとしたことがありました。本当に一緒に飲んであげたかったんですが、僕がお酒に強くなかったんです。それで、グラスに水をいっぱい注いで、お酒のように飲みました。あとから、友だちが気付いていたと知って、笑いましたよ。

デビューしてからもう8年だ。8年前のテミンと今のテミンはどんな点がいちばん変わっただろうか?

性格が大きく変わったと思います。昔は、少し寡黙でもの静かな方でした。その間にメンバーたちと過ごしながら、人々と付き合う方法を学んで、だんだん外交的な性格になっていきました。

10年後のテミンはどんな姿だろうか?

そのときも歌を歌っていて、時間が経つほどに歌手としての人生設計が一段とはっきりしていると思います。コツコツとCDも出して、コンサートもしながら、ファンたちと会っているんではないでしょうか?これ以外の個人的な望みは、世界中のあちこちを旅行することです。

どこで旅行したいのか?昨年にバリに行ったとき、火山爆発のために何日か足止めを食らったと聞いた。もう一度そんな経験をすることになったら、どこがいいだろうか?

スイスの童話のような風景の中の世界に浸ってみたいです。季節は夏がいいです。思ってるより長い時間が貰えたら、都市よりは自然の中で滞在する方がいいでしょう?だからと言って、ジャングルのような険しいのは困るので、スイスのような美しくて平穏な地域だったら嬉しいです。♡

 

 

f:id:xoals718:20160220230901j:plain 

f:id:xoals718:20160220230001j:plain

f:id:xoals718:20160220230035j:plain

f:id:xoals718:20160220230220j:plain

f:id:xoals718:20160220230246j:plain

f:id:xoals718:20160220230317j:plain

f:id:xoals718:20160220230348j:plain