読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

시작이 반이다.

思い立ったが吉日。

[インタビュー]『テミン、「完璧に完璧な」ダンサー歌手の誕生』

 

 f:id:xoals718:20160306114225j:plain

 

 

「完璧に完璧な」男性ソロダンサー歌手の誕生だ。

ソロ歌手として2枚目のアルバムであると同時に、初正規アルバム「Press It」を通じて、テミンは、歌、パフォーマンス、エネルギー、観客没頭度など、ステージを評価することができるすべての要素で、最高の姿を見せてくれている。
誇張や持ち上げではない。疑いを持つなら、今すぐテミンのMVを、ステージ映像を探して直接見て、聞いて、感じることを、お勧めする。いつの間にか、テミンの声ひとつに、動作ひとつに、集中している自分を発見することができるのだ。

ステージ上のテミンの姿を見ていると、「マイケル ジャクソンが韓国で生まれたら、こんな感じだったのだろうか」という考えが自然と浮かぶくらいだ。

ここに、KBS2「MUSICBANK」で出会ったテミンは、『マイケル ジャクソンは、元から尊敬して、似たい存在です。ステージ上で何かを表現するときにたくさん学んでいて、「怪盗」のときはオマージュをすごくしたみたいです。』と言いながら、『今回のアルバムでは「Guess Who」が(マイケル ジャクソンのような)そんな感じがありますけど、他の曲は僕だけの感覚で作ってみたかったんです。」と説明した。

また、韓国のマイケル ジャクソンという評価には、『本当にすごく褒めすぎだと思います。マイケル ジャクソンのように世界的に愛される歌手になれるように、一生懸命頑張ります。もちろん、今も世界的に愛されていて、応援を受けていますけど、さらにもっと一生懸命頑張って、韓国を知らせたいです。』と謙遜する反応を見せた。

尊敬して、さらに好きな世界的なスターとの比較に、謙遜する姿を目にはしたが、歌手としての欲まで隠すことはしなかった。

「MUSICBANK」を前に、すでに3個の1位トロフィーを手にしたテミンは、『まずは、感謝したい方たちがスタッフです。僕がたくさん悩ませました。「もっといい音楽をやってください。」、「気に入らないです。」などなど、僕の意見をすべて受けてくれながら、作り上げられたアルバムです。そして、スタッフたちとも摩擦もありましたけど、結果的にはアルバムがよく仕上がりましたし、そこに対するやりがいを感じました。これをきっかけに、もうちょっと正確な僕のカラーを作っていかなくちゃと思いました。そして、今回のアルバムも、ワンランクもっと成長するステップにしたいです。』と口を開いた。

続けて、「やはり、僕だけのアイデンティティーが重要です。今はダンスと歌が上手な方たちが本当に多いので、アイデンティティーが必要です。僕だけのカラーを探して、僕がいちばんうまくできることが何かを知って、作り上げていこうと思います。初めは、マイケル ジャクソンを尊敬して、真似していこうとしていたら、今は僕のカラーを作り上げなくちゃという段階にあるようです。」とさらに付け加えて、「韓国のマイケル ジャクソン」ではなく、「韓国のテミン」に対する意志を現した。

だからと言って、自分自身に対する自慢や油断もしない。今もすでに感動をくれるステージを見せてくれているテミンだが、自らが考えるステージ上の完成度を尋ねると、「世の中に完璧な人とステージはないです。50%くらい?」と厳しい評価を出した。

これに、『もうちょっと上げてもいいようだ。』ともう一度勧めると、仕方なく「70%です。」と20%をアップさせた。

テミンは、「準備するときは、僕が90%以上に準備するような気がしますけど、いざステージに立つと状況が変わるんです。鏡もなくて、衣装も変わって、環境が変わります。そのために、準備したことを完全に発揮できない感覚です。」と理由を説明した。

さらにテミンは、「ステージをいっぱいに埋めたいです。(僕が)じっとしていても(観客が)没頭していたら、ステージが空いてるように見えないです。そんな感じで、没頭度が強い歌手になりたいです。」と自身が理想的に考えるソロ歌手としても姿に対して、さらに付け加えた。

もちろん、テミンの言葉のように「完璧」は簡単に使うことができる単語ではない。

しかし、少なくとも現在、歌謡界で男性ソロダンサー歌手の理想的な姿にいちばん「完璧に」ぴったり合う歌手は、テミンに間違いない。

 

LINK☞ http://sports.donga.com/SPORTS/3/all/20160306/76837574/2#_adtep