読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

시작이 반이다.

思い立ったが吉日。

SHINee 2017 SEASON'S GREETINGS INTERVIEW - KEY

SHINee SEASON'S GREETINGS INTERVIEW

 

 

Q. 最近、どのように過ごしてますか?

<ひとり酒男女>ドラマ撮影がちょうど終わりました。今まででいちばん大きな関心を受けたように思います。

 


Q. 感覚はどうですか?

ドラマの反応が良いからそうなのか、もともと僕のファンではなかった人たち、つまりドラマに触れて僕について新しく知ることになった人たちの反応が多くて、毎日毎日驚いています。「僕はそこまでの人だろうか?」と思ったりもします。戸惑いながら、不思議で面白いです。

 


Q. では、最近はどんなことにハマっていますか?インスピレーションのために注目して見たり、演技、アルバム準備のために特に集中した何かがありますか?

ドラマ撮影もやって、5集正規アルバム準備も一緒にやったので、僕に与えられたことに徹底的に集中するしかありませんでした。他のあるものに影響を受けたというより、僕が持つ才能、実力をどのように効率的に使えるだろうかということを考えて過ごしました。体力調整はもちろん、時間配分もうまくやらなければならなかったですし。僕自身にとって、すごく集中した時間でしたね。

 


Q. では、いちばんたくさんしたことは何でしょうか?

忙しくしてみると、車にいるときや待機時間が出来たときが唯一の個人時間でした。そういうときがあれば、携帯で先輩たちの演技をたくさん見ました。僕の演技と比較することが出来て、助けにたくさんなりました。たくさんの人が認める作品はその理由がハッキリとあると考えるので、必ずまとめて見ます。有名なセリフは、練習してみたりもします。

 


Q. 役者と歌手で同じような期間に平行しなければならないことは、大変ではなかったですか?

うむ、そうですね。思ってるより、切り替えは難しくなかったです。ステージに上がるときや演技するときの姿のすべてが僕を表現していると思っています。

 


Q. そのあいだしっかりと、熱心に積み重ねてきた内功のおかげであるような気がしますが?

そうですか?集中力が助けになったと思います。演技をしたらまたメイクを直して、ステージ衣装に着替えて、歌を歌って、ダンスを踊る僕の姿が不自然だったり、大変そうに感じられなかったんです。身体は疲れてましたが、心は楽だったと思います。

 


Q. 演技は続けていく計画でしょう?新しいキャラクターも挑戦しますか?

もちろんです。もう始まってると思います。

 

Q. そうですね。視聴者だった僕が見たところ、今のキーより幼い少年を演技した気がしました。

はい、これまでやってみたことのなかった新しい役に挑戦してみたいです。真剣に研究したければならない独特なキャラクターたちです。

 


Q. 大切なもので選んだ台本について、話をしてみましょうか?特定のどんな作品の台本ですか?

最後の撮影をちょうど終えた<ひとり酒男女>の台本を選びました。最近、僕の手垢が付いた台本ですから。これも20冊を越えます。もちろん、初めての作品である<Catch Me If You Can>からデビュー以来やった作品の台本たちは、家にちゃんと集めて置いてます。

 


Q. 台本を選んだ理由は何ですか?

記録の意味が大きいと思います。だいたい過去は時間が過ぎれば簡単に忘れるものですし、いくつかの場面ばかりが記憶に残るものですよね。ところが台本を見ると、僕が作品をやったときの考えと感覚たちを生き生きとまた思い出されます。ミュージカルを準備しながらやったものたち、その役を演技する中で絶対にやらなかった行動などが思い浮かんで、たちまちそのときに戻った感覚になるんです。その役をすぐにでも出来るほどにです。

 


Q. では、子孫代々、いわば家宝として、息子、娘たちへ譲ってあげたいと考えたりもしましたか?

考えてみたことはないですが、大切に管理しているので、考えに大きな変化が起こらなければ、たぶん難しくなくそうすることが出来ると思いますよ。